日本はやっぱり木の家2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つくばエリアに木の家を建てたい皆様、お待たせしました。

日本の家づくりについての話の続きです。

日本の家づくりにとって無視できない、日本の特徴的な気候とは何か。

それは、湿気です。

湿気対策をどれだけするかで、暮らしの品質と家の品質が決まります。

湿気で木は腐るから、レンガの家の方がいいんじゃない?と思った人もいるかもしれませんね。

湿気の多いところでレンガや石で家を建ててしまったら、湿気が結露して、家の中はビショビショになります。

そんな湿度の高い環境では、快適に暮らせるはずがありません。

それに、湿気のある気候だからといって、木は腐りません。

しっかりと通気を確保しておけば、木は腐らないのです。

事実、何百年も前から建っている神社仏閣や古民家などは、全て木造です。

家の柱が腐ってしまったというケースもありますが、それは通気が十分にとれるように作っていなかったからです。

湿気を吸って吐くのが木の特徴です。その特徴を生かした木の家が、日本の気候に合うんですね。

つくばで木の家を希望の方、きっと快適な家がつくれますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。