大壁と真壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つくばで快適な住宅を建てたい人に向けた情報を発信していきます。

今回は壁についてです。

みなさん、壁紙は気にしていても、壁自体を気にしたことはあまりないかもしれませんね。

そんな壁についてご紹介していきたいと思います。

壁には大壁と真壁の2種類があります。

まずは大壁からご紹介していきます。

最近建てられている家はほとんどが大壁です。アパートやマンションなども大壁です。

大壁がどんな壁かというと、柱などの骨組みが見えない壁です。

骨組みが見えず、壁紙などで全て覆われたシンプルな壁のことです。

施工も比較的簡単で、見た目もシンプルで場所を選ばないため人気のタイプです。

続いて、真壁についてです。

真壁は大壁とは対照的に柱などの骨組みが見えるタイプの壁です。

これは、従来の日本家屋で採用されていた伝統的な工法です。

今では大壁が主流ではありますが、和室などは真壁でつくるケースが多くあります。

大壁と比較すると手間がかかるため、費用も上がる場合があります。

また、真壁で柱を見せる場合は、見せられるだけの材料を使う必要もあります。

つくばで新築するなら、壁についても考えてみると面白いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。